住宅設計の考え

風通しがよく、陽の光の心地のよい住処というものは、人間が本来的に求めているものです。
そこを踏まえた上で、初めて建築というものは人のために機能すると考えています。
風通しや採光といった問題は、どんな土地であろうと設計によって悪くも参考なれば、さまざまな工夫によってまた改善もします。
tatta建築事務所では、まだ土地選びで悩んでいる方にも、ご希望やご予算を汲んだ具体的な設計プランを提示しながら、土地選びのアドバイスもさせて頂いています。そうすることで、風や光りの恵みを取り入れ、土地の個性を最大限に引き出した設計のご提案をすることが出来ればと考えています。

住宅のご相談に来られる方々は、当然たくさんのご希望があり、ご予算内でその全てを叶えることはなかなか難しいことですが、ひとつひとつのご希望を丁寧に検証し、振り分け、バランスの取れた優先順位まで導きます。具体的な例として、建物のなかで、お金をかけるヶ所とかけないヶ所の区別をし、メリハリをつけ、場所によっては安い材料をうまく生かし、コストを下げるといったことがあります。
また、住宅は外とのつながりのなかに初めて成立します。家の内にいるときにも、外でも、眺望という視点が存在し、常にその視点を意識した設計を心掛けています。窓によって風景をどのように区切り、どのように空を魅せるか。中庭により緑を取り入れ、外の喧騒から住居スペースを守り、いかに落ち着いた空間を作り出せるか。そういった、さまざまな意味での眺望を大切にしています。

理想をの住宅を一歩進めた愛着の持てる住宅を目指しています。
tatta建築事務所