設計監理料金

設計監理料
お客様がお支払いする料金には大きく分けて施工業者における
工事請負金額と、設計事務所における設計監理料があります。

[row cols_nr=”2″]
[col size=”6″]

工事請負金額
[icon type=”rectangle” size=”small” name=”e-right-open”]施工業者の見積りに準じます。

設計監理料
[icon type=”rectangle” size=”small” name=”e-right-open”]建設省告示第1206号で定める料金を基に当事務所で概算したものを下表に表し構造、建築種別によって算定されています。

[/col]

[col size=”6″]

[/col]

[/row]

建築種別 料金
新築住宅・その他の新築建築物 工事費の10%〜13% 
予算が1億円を超える新築建築物 工事費の5%〜10%
リフォーム、リノベーション、店舗内装等 工事費の13% ※最低設計料金50万円

※設計監理料金は建設地、構造種別、建築条件により上記の範囲で変動します。また別途構造計算が必要な建築物に関しては構造計算費として上記の数字に+2%加算されます。詳しくはお問い合わせください。
※途中で工事費が増減した場合は最後のお支払い時に調整します。
※上記の各金額には別途消費税がかかります。
※交通費は県外等遠方地に限りお話し合いの上、実費を頂く場合があります。

 設計監理料に含まれるもの  設計監理料に含まれないもの
・設計監理
・構造計算
・確認申請代行
・現地調査
・アフターケア
・確認申請手数料(役所等の機関に支払います)
・地盤調査費(業者に払います。)
・敷地測量費(業者に払います。)
・その他各種申請料(各機関に支払います。)
※上記は必要な場合そのつどお客様に実費をお支払い頂きます。